マスクして寝る時のデメリット・メリット効果は?風邪・ニキビ・肌・喉・いびき・口臭・花粉症などに効く?

2020年4月11日流行雑学

マスクして寝る時デメリットやメリット・効果を知ってますか?

花粉や風邪・インフルエンザの時期
最杵は、新型コロナの時に使用する「マスク」

マスクして寝る人も居ると聞きますが
メリットやデメリット効果などを

しっかり知ってるのでしょうか?

もしかして、最近眠りが浅いとか
肌荒れする・ニキビができた
って人は
マスクして寝るのは、要注意かもしれません

マスクして寝るデメリットやメリット・効果をしらべました。

マスクして寝るメリットや効果は?
花粉症対策や風邪・インフルエンザの予防に

マスクして寝るメリットや効果は?

マスクをして寝ると喉や口元・肌に保湿効果がでる

寒い季節やクーラーの効いた部屋では
喉や口元が乾いてしまい
安眠できなかったり、肌や口元がカサカサになってしまうのを防いでくれます。

これは自分自身の吐息に湿気が多く含まれており
マスクの中が高音多湿の状態になる為

呼吸を吸った時に暖かく湿度のある空気を吸うことができます。

これにより
肌や口元には湿度が保たれ潤いを守ってくれ
吸った呼吸が暖かいので体の冷えにも効果がありると言われてます。

マスクして寝ると花粉症対策や風邪・インフルエンザの予防に

マスクは花粉やハウスダストを防いでくれます
ので睡眠中にアレルギーで困る場合はマスクをすると緩和されます。

しかし、ウィルスは小さいのでマスクを通過してしまいますが

インフルエンザや新型コロナなどには
飛沫感染防止の効果が期待できます。

(飛沫感染とは、つばや鼻水などの液体が
他の人の体内に入ってしまい
病気が感染してしまう事を指します。)

マスクを着用してると、他人の飛沫を受けなくて済みますのでインフルエンザなどの病気の感染防止に期待できます。

さらには、マスクの効果で高温多湿になります。
風邪の菌は湿度をきらいますので
風邪の予防にもなります。

マスクして寝ると口臭予防になる

さらには、睡眠中は唾液の分泌がすくなくなると言われており喉や口内が乾燥しがちになり

ドライマウス(口内乾燥症)となってしまうと
虫歯や口臭を引き起こすことがあります。

マスクをして寝る事により口内の潤いが保たれ
虫歯や口臭予防に期待できます。

 

マスクして寝るデメリット

マスクして寝ると頭痛がする

マスクをして寝た時に呼吸がしにくく
さらには、吐いた息の二酸化炭素を再度吸ってしまう為に酸素不足で頭痛がすると言われてますが

実際には、耳の辺りを長時間締め付けると
側頭筋が緊張し長時間、筋肉に力が入ってしまい
頭痛の原因となる場合が多い様です。

マスクして寝ると睡眠の質が下がる

今までマスクをしないで寝ていたのに
ある日突然マスクをして寝ると
息苦しさを感じる場合があります。

しかし、慣れてきたり
睡眠用のマスクにしたりすると
普通になれます

しかし、それでも合わない人も居ますので
その場合は、マスク以外で湿度を保つように
対策しましょう(加湿器とか)

マスクして寝るとニキビができる

マスクをすると高温多湿になり肌に潤いを与えてくれる一方
湿度を好むニキビ菌とかは格好の環境です。

その為にニキビや肌トラブルもでる場合もあります。

マスクして寝ると肌荒れを引き起こす

マスクをして寝ると常に顔の肌が布と擦れ合う事となります。

顔の皮膚は身体に比べ薄い部分が多いです。
その為に肌が敏感な人の場合、肌荒れをおこします。