30代なら知らないと恥ずかしい知ってると自慢できる流行雑学

30代カラノ流行雑学ノススメ

芸能

桶田敬太郎(フォークダンスde成子坂)を太田光が追悼MRプロ所属

3月3日放送の「爆笑問題カーボーイ」「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さん
ラジオ放送で大田光さんが

2019年11月に亡くなった「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さんを悼んだ

番組で共演したことのある大田光さんは、昨年まで交流があったが、「寂しい」とだけ告白した。

プロダクションMRに所属してた「フォークダンスDE成子坂」追悼の意を込めて

調査しました。

「爆笑問題カーボーイ」で大田光が「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さんを慎んだ

「爆笑問題カーボーイ」で大田光さんは、「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さんの事に触れた

「タモリのボキャブラ天国」で共演した大田光さんは、桶田敬太郎さんの事を「本当に面白くて。桶田は誰が見てもその当時、ズバ抜けていた。とてもこいつにはかなわないって、みんな思ったよ」と当時を思い出し、その後も交流が会ったことを明かす。

大田自身は、2019年の12月に「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さんの訃報を知った。

「桶田敬太郎さん、ずっとガンだった。10年以上。だけど誰にも言わず、奥さんにしか言わなかった」と告白した

「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さんの相方だった村田渚さんは、2006年11月にくも膜下出血のため35歳で亡くなっている。

じつは、その直後に桶田敬太郎さんの病気が見つかっており
桶田敬太郎さんの奥さんは、村田渚さんの墓参りの時に「子供も小さいので、どうかいま連れていかないで」と願ったという

その後10年以上病気を隠して生活をしてきたが
2017年ごろに、大田光さんと桶田敬太郎さんが出会った時、大変太っていて最初だれだか分からなかったが「あの頃から病気だったんだ」と思い返していた。

先週、東京都内でお別れ会が開かれた時
参加した、大田光るは「寂しいね」と相方田中裕二も「つらいね。早くてね」と慎んだ。

 

桶田敬太郎の現在は、芸能プロダクションMRに所属してた

2019年の11月に亡くなりましたが
「フォークダンスDE成子坂」を解散後は

芸能プロダクションMRに所属し
作家業・プロデュース業と裏方に所属し
テレビ・イベント・舞台・CM(企画構成/演出)の他にも
Web・モバイル(製品・サービス企画)・新規エンタテインメントの考案や
タレント/キャラクターの企画/演出など
幅広いエンタテインメントを対象に、企画・構成・演出を行っている。

また、それ以外には、
自身の日常・生活・趣味活かしたライター業/執筆なども行っている。

桶田敬太郎の最後のツイッター

 

「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎・村田渚さんの動画や画像

1999年に解散しており当時はビデオが普及しててVHSやβなどの規格でしたので
あまり多くは残ってませんが

 

 

 

「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さんの世間の声

ボキャブラ世代では最も天才だと思っていた芸人さん。時代のせいなのか、ラーメンズよりも先にシュールながらシャープでワクワクするような笑いを作っていた人だった。桶田さんの笑いを見続けたかったなあ。

ほんとに桶田さんらしい旅立ちだったんですね。。。

飛びぬけて斬新だった。
斜めに構えてとんがってた。

ボキャブラのときも
教育テレビの小学生に対してのボケやらつっこみも
ほんとに面白かった。
TVを見て心の底から笑った記憶を
今も鮮明に覚えてる。

解散して一人でPodcastを始めたやつを聞いたけど
ちょっと話が卑屈すぎてBGMもわざとらしくて
聞き続けられなかった。

フォークダンスDE成子坂が好きだったなあ。と
懐かしく思った。

本当にもういないなんて
信じられないです。

大好きな芸人さんだったので残念です。
二人で天国でもボキャブラして下さい。
ありがとう!底ぬけAIR-LINE!

それアポーペンだから!

確かにボキャブラ出てたとき面白いコンビだった。それでも売れなかったのは不思議だったけど、タイミングとか運とかもあるのかな?

まとめ

ボキャブラ世代には辛い報告となりましたが
桶田敬太郎さんが10年以上ガンと闘病してたとは知らなかった
解散後、桶田敬太郎さんはバントを組み
村田渚さんはピンで活動してたと
記憶してます。

有能な人物がどんどん亡くなり
新しい才能が開花されてる

時代を感じます。

「フォークダンスDE成子坂」の桶田敬太郎さんと村田渚さんの冥福をお祈りします。

Copyright© 30代カラノ流行雑学ノススメ , 2020 All Rights Reserved.