岸井ゆきの浦安で女子高生役まんぷくでは中学生役「私たちはどうかしている」では21歳

ドラマ雑学,流行雑学

岸井ゆきのさんといえば、毎週金曜日に放送されているドラマ「浦安鉄筋家族」で女子高生役を演じ、話題になっています。

さらにまんぷくでは中学生役、次期ドラマの私たちはどうかしているでは21歳役を演じるなど、幅広い年齢の役を演じる演技派女優。

そんな岸井ゆきのさんについて詳しくご紹介していきます。

 

岸井ゆきのが「浦安鉄筋家族」で女子高生役

View this post on Instagram

『浦安鉄筋家族』 テレビや配信サイトで見てくださった方、録画している方、ありがとうございます🙇🏻‍♂️ わたしは今日も元気です! 家にこもっています。 久しぶりに自転車に乗ったのですが乗り方をね〜わすれてて 自転車に乗るのもゆっくり、踏み込んでから発進するまでもゆっくり しかもまっすぐ進めなくてゆらゆらしてしまい エマージェンシー感がなくて一回カットになったのですが 降り方も忘れててしばらく漕いでいました😃タイヤが大きい!🚲 皆さんに助けてもらいながら笑ってもらいながらの海沿いのシーン!二話でした! 最後の二枚は三話の写真です。 桜が花丸木くんのため奮闘します。是非見てください〜!🌸 三話でいろいろ起きるので終わったらinstagramにあげられる写真が増えるぞ。笑 #浦安鉄筋家族

A post shared by 岸井ゆきの (@yukino_kishii) on

岸井ゆきのさんは、ドラマ「浦安鉄筋家族」で女子高生役を演じています。

大沢木家の長女である大沢木桜は、家族の中では1番まともに見えますが、彼氏のことになると全力で奔走する女の子です。

岸井ゆきのさんは、大沢木桜さんを演じることが決定し、以下のようにコメントを残しました。

数多くのファンの方がいるこの作品に関わることはプレッシャーが大きく、漫画を読み返しては悩んだりもしました。
ですが、台本が届き、読みはじめた瞬間に文字から飛び出す楽しげな大騒ぎとそのハチャメチャさに、今はただワクワクしています。周りにどう思われようと、なにが起きようと、なんだかんだ家族を愛している大沢木家同様、わたしもこのチームを愛し、最終回まで突き進んでいきたいと思います!
引用元:https://www.tv-tokyo.co.jp/urayasu/cast/03.html

「浦安鉄筋家族」は漫画が原作となっており、今でも大人気作品です。

実写化することが決定したときは、話題にもなりましたね。

岸井ゆきのさんもプレッシャーを感じていたと言っていましたが、ドラマでは見事に大沢木桜を演じています。

そんな岸井ゆきのさんですが、自身のインスタグラムで女子高生姿でケーキを食べる姿を投稿。

するとファンの方からは、「セーラー服姿がかわいい」「違和感がない」「天使…」と話題になっています。

その画像がこちらです。

https://www.instagram.com/p/B-zKF31hiZW/?igshid=4nhf1kmpj0zh

岸井ゆきのさんは現在28歳ですが、まだまだセーラー服も似合っていますね。

今後「浦安鉄筋家族」でどんな姿を見せてくれるのか、注目です。

 

岸井ゆきのは「まんぷく」では中学生役

https://www.instagram.com/p/Br2JtpKBp1W/?igshid=fykgxxzoh4tr

岸井ゆきのさんが大ブレイクしたきっかけは、朝ドラ「まんぷく」ではないでしょうか。

「まんぷく」では14歳の中学生役を演じました。

10月1日から放送を開始した「まんぷく」は、戦前の大阪を舞台に、福子(安藤)と実業家・立花萬平(長谷川博己)の夫婦がインスタントラーメンを発明するまでを描く波乱万丈の物語。
引用元:https://www.google.co.jp/amp/s/www.cinematoday.jp/news/N0104554.amp.html

14歳のタカを演じたとき、岸井ゆきのさんは26歳でした。

浦安鉄筋家族では女子高生役を演じましたが、2年前には中学生役も演じていたのです。

ネット上では、年齢差のある役を平然と演じる岸井ゆきのさんの演技力に、驚きの声が上がっていました。

しっかり者で家族思いのあるタカは、ドラマ内でも人気者でしたが、ドラマを観た視聴者からも人気があったのではないでしょうか。

 

岸井ゆきの次期ドラマ「私たちはどうかしている」では21歳

 

https://www.instagram.com/p/B9rOisGBIy3/?igshid=71wbkej9sb08

岸井ゆきのさんは、2020年7月から放送されるドラマ「私たちはどうかしている」に出演することが決定しています。

「私たちはどうかしている」は、累計発行部数200万部の超人気漫画。

今回が初のドラマ化です。

修行中の菓子職人である浜辺美波さん演じる花岡七桜と、老店舗和菓子店の光月庵跡取り息子の高月椿の2人を軸にしたラブミステリー。

高月椿の父親を殺害したとして、容疑をかけられて亡くなった母親の無実を証明するために、花岡七桜は正体を隠し、高月椿との結婚を利用し、光月庵に乗り込むことになります…。

同作品で岸井ゆきのさんは、横浜流星さん演じる高月椿の婚約者・長谷栞役を演じますね。

長谷栞は控えめでおっちょこちょいな一面がありながらも、芯の強い女性です。

長谷栞を演じるにあたり、岸井ゆきのさんは以下のようにコメントしています。

15年前のある事件をきっかけに人生をくるわされた人たちによって、決められた結婚を全うするはずだった長谷栞もまた、予想外の人生を突きつけられます。
ドラマチックな始まりですがその先を生きる彼女がどう成長していくのか。
それぞれに復讐や陰謀があり、どうかしていると自覚している狂気はしたたかで、和菓子と相まって鮮やかだと思いました。視覚的にも楽しんでください!
引用元:https://www.ntv.co.jp/watadou/articles/554qgr0pzirq9z0xlwt.html

岸井ゆきのさんは、このドラマでは21歳の役を演じます。

「浦安鉄筋家族」「まんぷく」でも年齢差のある役を演じましたが、「私たちはどうかしている」でも、年齢差のある役を演じることになりました。

なかなか年齢差がある役を演じるのは、難しいのではないでしょうか。

しかし、岸井ゆきのさんはどんな役にもうまく染まりますし、それだけ演技力が高いということでしょう。

「私たちはどうかしている」で、岸井ゆきのさんがどんな演技を見せてくれるのか、注目ですね。

まとめ

岸井ゆきのさんが出演した作品についてまとめました。

岸井ゆきのさんは「浦安鉄筋家族」では女子高生役、「まんぷく」では中学生役、そして「私たちはどうかしている」では21歳役を演じます。

28歳の岸井ゆきのさんですが、年齢差のある役を平然とこなし、演技派女優として今後大注目です。

今後の岸井ゆきのさんの動向に期待していきましょう。