マスクはいつまで品薄?売り切れの原因を政府の発表で予想してみた。

2020年4月11日流行雑学

マスクの品薄から高価で取引される現状に
あっちこっちへと買いあさりに行って
もうヘトヘトになってるのではないでしょうか?

そもそものマスクがいつまでも品薄なのはなぜなのか?
売り切れの原因?
政府の発表からみる マスクの手に入る時期を予想してみました。

 

マスクはいつまで品薄?売り切れの原因を探る。

コロナウイルスの発生当初
つまり1月頃だが、マスクは普通に100均一で
1枚10円以下で売られていた物もあるぐらいだったが

2月に、マスクの必要性が叫ばれ一気に品薄になり
高価になった。

当初は、中国へ輸出していたが、日本でも必要となり
店の棚からマスクが消えた。

そこには、転売目的で個人が買い占めた背景もある。

にメルカリやヤフーオークションなどの
個人売買できる場所では、
マスクが50枚セットで2万円とかで売られるようになった。

さらには、一ヶ月間マスクの転売のみで、2000万儲かったと
ネットで書かれマスクの品薄と価格の高沸騰に拍車がかかった。

3月中旬に、政府が
「国民生活安定緊急措置法の政令改正にもとづき、
マスクの取得価格を超える高額での第三者への転売の禁止した。」
が、現状ではまだまだ品薄の状態である。

では、なぜか?
転売目的で売ることは禁止され
政府も約1億枚追加で生産するように指示したと言ってる

そこには、世界的にコロナウィルスが広まっており
材料を輸入できない材料不足が一番なのと

材料不足で材料の価格が高沸騰してるのと円高で
普通にマスクを製造しても
一枚 60円以上になってしまうのが現状である様だ。

1枚60円というと転売価格なのではと思われる消費者も多く居る為に
「マスクが不足してる?」
と感じてるのが現状であると思う

 

マスクはいつまで品薄なのか政府の発表で予想してみた。

しかし、現実問題として都心ではマスクは品薄だ。
いくら、日本が頑張って作っても限度がある

そこで中国の工場に期待するしかないが

中国の会社は強気で
前金でしか注文を受けないと言ってるらしい
全世界から発注があるのだからかなり強気な様だ。

しかし、それでも売れるとわかってるために
日本の商社は、取引を始めている

では、

マスクが実際に届くのはいつなのか?価格は?

中国は事実上の鎖国状態の上
前金で発注し作成され
大量に船で運輸されるには

1ヶ月はかかると予想されている。

しかも、材料費は高沸騰してる為に
中国で作成しても

1枚30円はかかってしまう上に

下のツイッターの動画でもわかるように
とても衛生的とは言えない

 

 

ではどうしたらいいのか?

マスクは「マスク在庫速報」で国産を購入し洗って何回も使う

日本製の高価なマスクを購入して
使い捨てるのではなく

数度、使用するのが一番良いと思います。

ネットでは、布製のマスクの洗い方が載ってるが
不織布で作られたマスクでも洗って使用できる。

もちろん、機能は洗うたびに落ちていくが
ウィルス除去などの機能が下がるだけで
飛沫感染への防御能力は変わらずに使用できる。

コロナウィルスの多くは、飛沫感染や接触感染で感染している

濃厚接触者とは、つばの飛び交う距離での話し合い(飛沫感染)や
感染者の体液のついた物を触ってしまい
菌の付いた触った手で食事などをして感染する(接触感染)事を言います。

そこでマスクをしてると飛沫感染はふせぐ事ができるし
マスクのお陰で不用意に口を触ることがなくなるので
マスクの必要性がある

なので、マスクは日本製を買い
洗って再利用するのが今後のトレンドとなると思います。

下記の動画は布製の洗い方ですが
不織布も一緒です

マスクが購入できない人は、ネットで購入できるお店を一覧で探してくれるサイトがあります
こちらは無料で使用できますので参考までに

マスク在庫速報
https://zaiko.smoozapp.com/

 

 

 

 

 

 

まとめ

先日、官房長官が月に6億枚できますと言ってたが
マスクを使い捨てしていれば

マスクの品薄は今後も続きますし
価格も材料費の高沸騰で高価なままの状態で
順次下がって行くと思われます。

来年の1月頃になればマスクは普通に1枚10円程度で売られると思いますが

マスクは洗って再度利用するのが一番良いと思います。

どこでも売り切れ状態なのですから