養育費16年ぶり増額 算定表や相場 平均的にいくらなのか?いつまでか? 素朴な疑問が溢れてきた

夫婦が離婚をし 子供を養う側への生活費を払う「養育費」が 16年ぶりに見直され増額されたらしい 

離婚予定の無い人には関係ないけど 離婚予定の人は考え直したほうが良い場合もあるかもしれません

通常 離婚訴訟で養育費を決める際には 簡易算定法を使用して決められます。

例えば 夫が自営業 年収 750万円で 妻は会社員 100万円
子供が 9歳と 1歳の場合

今までは 月に 18万~20万だったのが

20万から22万に増額された

過去に 日本弁護士連合会が 独自の算定方法を発表し 1.5倍の 27万と言う
数字をだしたが 27万って 養育費だけで
普通に生活できるレベルだと思うのですが・・・

養育費・婚姻費用算定表

養育費の相場は?平均的にいくらなのか?

養育費の 平均相場は(平成28年度の厚生労働省が発表した統計上)

母子家庭で 平均月額 43,707円、

父子家庭で 平均月額 32,550円

一人っ子 っと言うのと 子供が小さい内に離婚した場合が多く
さらには 支払ってない場合もあるらしいのでこの様な数字がでたと思います。

例えば 年収500万のサラリーマン夫と 妻パートで 100万円

で 子供が 14歳以下で 2人いた場合 6万~8万

15歳以上なら 8万~10万 ぐらいが通常となります。

結構少ないですよね

しかし 今回 養育費16年ぶり増額 で上記の過去の金額から 2万円ぐらいUPすると
予想だされてます。

養育費16年ぶり増額したけど いつまで支払うのか?

子供が成人するまでですが 民法で 18歳から成人となる事を決定されたので
18歳までなのか? っと言われると

ちょっと違うと思います。

22歳までは、大学生の可能性もありますし、逆に 18歳で就職する場合もあります。

最低 22歳の3月までは 支払う可能性の義務があると決めた方がいいですね。

しかし 現状・・・

生活を口実に払わない人も 70%以上いるのも 現状です。

 

養育費って元配偶者が再婚したら 払わないでよくね?

養育費って元配偶者が再婚したら 払わないでよくね?って思ってる人
私もですが・・・・

クソ扱いされます。

なぜなら 自分の子供を自分で養う もしくは お金を払って養う(養育費)のは、
人道的に当たり前で 何 糞味噌な事言ってるの? あんた 扱いされます。

たしかにその通りで 養育費が 子供への愛情の一つと捉えれるようです。

しかし 元配偶者と再婚した配偶者が養子縁組した場合
(例えば あなたが 夫で 離婚した 妻の再婚相手の男性が
自分の子どもと養子縁組した場合)は

減額もしくは 免除となる可能性があります。

まぁー 何事も話し合いで決まるようです。

養育費16年ぶり増額 世間の口コミは??

 

 

 

 

 

 

 

 

養育費16年ぶり増額のまとめ

 

結局 現状の 養育費は 話し合いが殆どで 16年ぶり増額したところで

払う側が 子供のためって思わずに

離婚する元配偶者って感じだから 憎いまでは行かないとは思うけど

嫌々支払ってるのが 現状だし 殆ど 払ってないのも事実

そこを、もう一度考え直すべきと思う

 

って

 

結婚もしてない 俺が言った所で 対して世の中は変わらないかなとか思う